スマホが水没した際の対処法とは

水没した際はスピーディーな対処が肝心

万が一スマホが水没してしまっても、まずは諦めずに自身でできることをやってみましょう。
そのまま修理に出すまで放置しようとすると、内部にまで入水している場合は中のパーツが錆びて手遅れになることも…。
それでは、水没した際どう対処したら良いのか、その方法をご紹介していきます。
まずは、電源を切ることです。
ただしすでに電源が落ちている場合は、絶対に電源は入れないでください。
内部に水が入った状態のスマホに電気を流すということは基盤がショートすることが考えられ、そうなってしまうと復旧の可能性は限りなくゼロに近くなります。
次にSIMカードを抜き、ティッシュなどに包んで保管しましょう。
続いて本体の水分をタオル等で拭き、充電口等に溜まった水は綿棒で吸い取り、1~2時間ほど放置してから電源が入るか試してみましょう。
この方法での復旧が一番望ましいのですが、これでも復旧しないようであれば第2ステージに進みましょう。

水没したらとにかく乾燥させることが一番

先ほどご紹介した方法でもまだ復旧しなかった場合、まだ内部の水分が残っているという状況が考えられます。
よって、とにかく水分を消散させることが必要です。
その際に準備してほしいのは、袋タイプのジップロックと生米、以上です!
水を吸う特性のある米は、拭き取れなかったスマホ内の水分を吸ってくれることが期待できます。
袋タイプのジップロックにスマホを入れ、目一杯に生米を詰め込んで1日放置して様子を見ましょう。
また、よく耳にするドライヤーの熱風で乾かす方法というのは実は得策とは言えません。
スマホは非常に熱に弱く作られていますので逆に故障の原因となります。
やるのであれば冷風で様子を見ながら行いましょう。
それでも復旧しなければ残念ながら、プロの修理店行きです。
ただしどちらにせよ、何もせずに修理店に持っていくよりは自身で応急処置を行っていた方が助かる可能性は高いので、水没した際はぜひチャレンジしてみてください。


B!